お見舞い

 このたびの「東北地方太平洋沖地震」により被害にあわれた方々に、心よりお見舞い申し上げます。
震災に見舞われた皆様におかれましては、一日も早く復旧されますことを心からお祈り申し上げます。

日本CMAS協議会主催の自然保護イベントは終了しました。
皆様のご協力のおかげでたいへん盛況であったことをご報告申し上げます。
活動報告は、協議会活動をご覧ください。
  協議会メンバーとは    SHOP LIST  CMAS CARD 協議会活動
日本水中スポーツ連盟      CMAS本部(イタリア)
 

 CMAS協議会とは

 概要
CMASとは(クマスまたはシーマス)フランス語のCONFEDERATION MONDIALE DES ACTIVITES SUBAQUATIQUES(コンフェデレション モンディエール ドゥ アクティビィテサプアクアティック)の略称で世界水中連盟を意味します。
世界160の国々が加盟する国際機関であり、水中活動の連盟といえます。国際交流を円滑に運ぶ目的で、1959年に各国の指導団体の代表が集まって設立。選挙により初代会長には、レギュレーターの発明者である「ジャック・イブ・クストー」が選出されました。
また、1986年にはIOC(国際オリンピック委員会)に加盟、1988年にUNESCO(国連教育科学文化機関)と「科学ダイバーマニュアル」を完成、同年にはIUCN(国連自然保護連合)とGAIFS(国連スポーツ連盟機構)に加盟している組織ですCMASの組織は、スポーツ委員会、科学委員会、技術委員会の3つの委員会があります。
CMASは各国に各委員会ごとに1組織の加盟が認められ、日本では1985年にJCIA(ジャパン クマス インストラクターズ アソシエーション)がCMASにスポーツ委員会、科学委員会、技術委員会の各組織の代表として加盟。
その後、スポーツ委員会が1996年に日本水中スポーツ連盟として独自に活動を開始し、JCIAの活動は、技術委員会と科学委員会を統括しています。
勿論、二つの組織は連携を取りながら日本国内での水中活動普及に取り組んでいます。
素潜りの第一人者でもあり、日本にもなじみ深い故「ジャックマイヨール」などもCMASで活動していたメンバーの一人です。

CMAS組織の詳細と活動
第二次大戦中におけるフランスでのスクーパの発明は水中活動にかつてない新時代を拓き、水中は宇宙と共に人類に残された2大フロンティアとして脚光を浴び、世界各国で水中活動への取組が始まりました。こうした高まりの中、この分野における独立した国際交流の場づくりが、フランスのクストー、フェラー口、デュマらにより提唱され、1959年1月10日1こ15カ国(西ドイツ、ベルキー、プラジル、スペイン、フランス、イギリス、ギリシヤ、イタリア、マルタ、モナコ、ポーランド、ポルトガル・アメリカ等)の代表がモナコに集い設立され、CMAS本部がフランスに設置されました。

CMASは、水中活動の関拓、世界各国の水中活動の支援、水中スポーツ、水中技術、水中科学研究の実施を目的としています。そして、水中活動連盟未組織国への設立支援、水中活動における法律や規則の国際な統一化、水中活動の国際大会や万国博の主催及び後援、国際スポーツ機関や国際的文化団体との交流、水中活動金般に関し国際間の調整と水中活動の振興などの活動を行っています。

具体的には水中スポーツ委員会(フィンスイミング、水中オリエンテーリング、水中ホッケー、水中ラクビー)、水中技術委員会(スクーバ潜水技術教育、水中映像、スクーバ潜水国際認定証認定、水中乗物、水中設備、水中洞窟、潜水指導者)、水中科学委員会(水中考古学、水中生物学、水中地質学・水中工学・水中医学と予防、水中法律、水中自然保護、水中教育学など)の3つの委員会に分かれて活動し、殆ど毎月のように世界各国で小委員会を関催し、その議事録が取られています。

これらの委員会の活動として、水中スポーツ委員会では、種々の水中競技の規則の制定、公式競技会の承認、年間競技会の発表、競技記緑の公認(特に、フィンスイミングとスピアフイッシングにおいて、CMASの規約に基づいて提出された記録の承認を行っています。また、CMAS主催や後援の競技会に参加する選手は、直接・間接を間わず報酬を目的としないアマチュアでなければならないと規定されています。)を行っています。水中技術委員会では、ダイバー同志の水中手信号の規則の統一化と成文化、ダイバーのトレーニングプログラムの統一化と成文化、ダイバー認定資格と試験基準の統一化と成文化、各国の水中連盟の代表機関に対して必要な規則を定めることの勧告を行っています。また、水中科学委員会では、各国の水中連盟や水中の研究所および研究組織の仲介、応用科学研究や科学ダイパーのトレーニングの案施、水中研究における科学者や専門家がCMASの科学委員会の会員に就任する事の承認を行っています。
また、CMAS墓準に基づき水中レジャー活動を行っている施設は世界で13000カ所もあり、レジャーダイバー含め600万人以上のCMASダイバーを育て、これらの人々が世界160カ国で活躍しています。
このように、CMASは水中のスポーツやレジャーダイビングや科学ダイパーが集まって出来た国際交流の連盟でもあります。そして全世界のダイビングを愛する人々に門戸を開き、世界中のダイバーが毎年のように集まることのできる集会を開催しています。
そして、毎年のように新しく創造された水中に関する価値ある情報は、CMASの活動を通して全世界のダイバーに伝達されていくのです。
 
CMAS加盟の国内指導団体
日本国内では、CMASのCカードを発行する団体が現在7団体あります。
何故、色々な団体があるのかと疑問を持たれる方がいると思います。
CMASはIOC等に非政府組織として加盟する団体です。
この組織形態を考えてみるとご理解していただけると思います。
CMASが行っている水に関するスポーツ競技はオリンピッと同じように(現在はワールドゲームスで活動)国ごとの競技として行っています。その関係から技術委員会の活動も国ごととしているわけですが、オリンピックの最高組織はIOC,日本国内の組織はJOCとなり、オリンピックに参加する選手はこの組織に属し、組織が決める基準に従い競技を行っています。
例えば、日本で水泳のオリンピック選手はJOCに加盟していますが、JOCが直接指導しているのでなく選手は国内にある
幾つかあるスイミングクラブや大学、企業に属して最高組織が決めた泳法の基準に従い練習を行っています。
これを日本国内にあるCMASのダイビング指導団体と置き換えて考えると、まずダイビングの指導基準を定めているのがCMAS本部、日本国内でJOCと同様の活動をしているのがJCIA、各選手が属しているのは個人の能力を最高にひきだしてくれるスイミングクラブ等、このスイミングクラブが日本国内にある7つの指導団体と考えてください。
協議会メンバーはCMAS本部が規定する指導基準に従い日本国内でCカード取得を希望する人に、安心して各団体の特徴を生かした方法を提供しています。
日本国内に幾つかのCMASカードを発行する指導団体があるのは、スイミングクラブが幾つかあり、自分にあった指導法や施設の充実が自分にあったところを選べるという利点を生かしていると考えていただければと思います。
そしてこの各団体で組織しているのが日本CMAS協議会です。